オペレータの通話状態やコールが集中した際の待ち呼の発生、オペレータの不在を表示灯で警告することで対応漏れの防止や管理者のフォローなどを促し、オペレータ意識の向上をはかります。



コールセンターの管理者がオペレータの通話状態や不在状況を把握できておらず、待ち呼の発生や対応漏れが起きていても対応できない。
コールが集中した際のフォロー依頼が人手に頼っており、効率的なフォローができていない。




NH-FV1シリーズでは、オペレータの通話状態やコールが集中した際の待ち呼の発生、オペレータの不在を表示灯の光と音声で警告することが出来ます。これまで人手に頼っていた対応漏れの防止や管理者のフォローなどをネットワークを通じて遠隔から促すことで、効率的な業務運用を図り、オペレータ意識の向上ができます。




カテゴリー一覧に戻る