プリンタ出力を起点とした業務において、出力を送信した人と受信した人が同一とは限りません。
そのような時にNH-FV1シリーズのSNMP機器監視機能を用いることでプリンタの状態を光と音声でお知らせすることで印刷物の放置や見逃しをなくすことが出来ます。



FAXや印刷など印刷物を起点とする業務で、印刷されたことに気づかないまま、放置されてしまうことがあり、ロスが発生している。
部屋が異なる場所での大量印刷の際に、紙詰まりや用紙切れなどで印刷が停止しても気づかないことがあり、作業に遅れが生じてしまう。



NH-FV1シリーズでは、プリンタ内部を自ら監視することができる為、印刷が行われると光、音声でお知らせし迅速に、次の作業に取り掛かれるようになります。見えない場所での印刷時でも、常にプリンターの状態を監視できます。
プリンター側の設定は変更することなく、ソフトやアプリを使わずに簡単にプリンター監視が始められます。
※プリンターメーカにより異なります。




カテゴリー一覧に戻る